住所: 千葉県 松戸市
ホームページ: 心と体を癒す プラナ松戸治療室。(鍼灸&心理療法 )

「怒傷肝」(怒りは肝を傷る)、「恐傷腎」(恐れは腎を傷る)、「憂傷脾」(憂いは脾を傷る)、「悲傷肺」(悲しみは肺を傷る)など、東洋医学では数千年前から、精神状態が体に影響を与え、また体の状態が精神や感情に影響を与えることを指摘しています。

そのため鍼灸や湯液(漢方薬)などで、体の調整を行うことにより、体の病だけでなく、心の病も癒してきたのです。

現代医学では、うつ病やパニック障害が、脳内のセロトニン量の不足が原因であることを指摘していますが、近年の鍼灸研究により、体への鍼刺激が脳に影響を与え、セロトニン分泌を高めることが分かってきました。

東洋医学が行ってきた、体にアプローチを行って心の病を癒すことが科学的にも解明されてきたのです。

心と体は影響し合っています。
当治療室ではとてもソフトで安全な鍼灸治療で、
心と体の問題を癒します。

現代の心と体を分離して捉える医療ではなかなか改善されなかった
うつ病やパニック障害、自律神経失調症、不妊症などの方達が多く来院されています。

お悩みの方がおられましたら、一度お気軽にご相談下さい。

  • プラナ松戸治療室 はコメントを受け付けていません。